個人的にではありますが厳選してお勧めの温泉を案内しています。

挙式のみも可能な結婚式場と渡さない事もある引き出物

近頃では、従来の挙式のスタイルとは違って、簡略化して挙式のみを挙げる人などもいます。その場合には披露宴を行わないという事もあります。

披露宴を行わないという事を事前にゲストが把握している場合には、お祝儀を持ってくる人はあまりいないそうです。ですので、引き出物は渡さない事もある様です。

二次会などを行うのであれば、引き出物ではなくプチギフトをプレゼントする事もある様です。最近ではこの様に挙式だけを行う事ができる結婚式場も増えています。

レストランなどにおいても結婚式場としてだけ利用するという事もできる所もあるみたいです。いい思い出にするために挙式は挙げておきたいと考える人も多い様ですね。

リボンを付けた引き出物

特別なプレゼントである引き出物は、商品にリボンを付けるというのもいいでしょう。また、引き出物として贈る際には熨斗が掛けられる事も多いですが、リボンを活用する事もある様です。友達に贈る引き出物など、特に気を遣う必要がない場合にはリボンでもいい場合もあるかと思われます。

しかし、目上の上司に引き出物を贈る場合などであれば、熨斗の方が、丁寧さが伝わる事もあるかと思われますので、いい場合もあるでしょう。引き出物は紙バッグに入れて手渡しする事が多いかと思われますので、しっかりと袋の中に収まっている場合には、ゲストによって包装の方法を変えている事が気付かれない事もあるかと思われます。

知らないと損する引き出物のマナーとは

結婚式の引き出物には、最低限抑えておきたいマナーがあります。まず、新郎新婦のお互いの出身地によって、品物が変わってくる場合があるので注意が必要です。また、刃物などの切れるものは縁が切れることを連想し、縁起が悪いためタブーだとされています。

割り切れる数字を連想させるようなものも縁起が悪いため、引き出物には適さないと言われています。

その他には、持ち運びに困難な大きさの引き出物や、重いものは避けるように配慮することも大切です。さらに、相手に合わせて品物を変えるのもマナーの1つですが、同じ袋を使用し、外から中身が見えないように配慮する必要があります。

引き出物につける熨斗について

結婚式の引き出物には熨斗を掛けます。祝い事のなかでも、二度目があってはいけないものの一つですので、結び切りの熨斗を選択します。名披露目をするものや寿の印があるものも、時と場合を見て使用します。縁起物の鶴や亀が印刷されてものもあり、個性を出したい人などにも人気があります。手配先で相談すると、正しいものを選択できます。

引き出物には、新郎新婦の趣味趣向を出すこともできます。そのような引き出物ですが、マナーを間違えると、せっかくの結婚式が台無しになっています。そのようにならないためにも正しいマナーを知っておくいいです。

立場によって引き出物の内容を変えていい?

会社の上司や親戚、友人などとはどうしても年齢差が出てきてしまい、引き出物にも困る、ということがあるでしょう。そんな時は、立場によって引き出物の内容を変えてしまうのも1つの方法です。例えば、カタログギフトであれば、お世話になった人や年配の人には価格帯が1つ上のものを準備しても問題ありません。

見た目にはわかりませんし、会場の人がテーブルにセッティングしてしまいますから、差に気づかれるということもありません。その他にも、品物の数を増やしても、紙袋に収まる範囲であれば問題ありません。ただ、あまり細かに分けると選ぶのも大変になってしまいますし、渡し間違いが起こっても面倒なので、2パターンくらいにしておきましょう。

結婚式と共にこだわりたい引き出物

結婚式で取り入れられる引き出物は、品物選びを行う新郎新婦にとって大きな課題となってしまうものでもあります。特に、沢山の招待ゲストを招こうとする場合、一人ひとりの好みや性別などに合わせた品物選びは困難であり、どのような物を選べば良いのか分からないという方も多く存在しています。

近年、カタログギフトでの贈り物が話題となっており、幅広く活用されています。それぞれの希望通りに選択できる贈り物は、ウエディングでも取り入れられています。また宅急便など、ゲストが会場での荷物を増やさないよう工夫されたサービスもあります。

引き出物に関する記事

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社についてページを増やしていきます。

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社の記事以外のお問い合わせはこちら

温泉コンシェルジュ

マイクロスコープ

スクラバー

オリジナルTシャツの作成

引き出物

翻訳会社の中国語翻訳

ページトップへ戻る