個人的にではありますが厳選してお勧めの温泉を案内しています。

デコレーションアイテムを引き出物に

お部屋の中にいろんなデコレーションアイテムを置いている人も多いのではないかと思います。デコレーションアイテムを引き出物に選ぶというのもいいかと思います。

しかし、大きな物や重たい物などはちょっと注意したいですね。お部屋の中は狭かったり、何も物を置かない様にしているという人も中にはいる様です。そして、デコレーションアイテムは趣味や趣向などで選ぶ事が多いかと思いますので、引き出物にするには、好みがはっきりと分かっている時などは贈りやすいかもしれませんね。

また、大きな荷物になる事を懸念するのであれば、デコレーションアイテムが多く掲載されているカタログギフトを引き出物にするのもいいでしょう。

引き出物には、やはりカタログギフトが便利!

引き出物で人気のカタログギフトには、便利な点がいくつかあります。まず、かさばらず重くないので、引き出物が持ち帰りやすくなります。そして、ゲストが、好きな時間に好きな物を自由に選べます。

前から欲しいと思っていた物、自分で買うほどではないけれど少し気になる物などをじっくり選ぶ時間も楽しい一時です。また、カタログギフトには、グルメに特化した物や特定のブランドから選べる物など、様々な種類があります。インテリアが好きな友人には雑貨ブランドのカタログ、上司や年配の方には有名百貨店のカタログなど、ゲストに合った物にすると一層喜ばれると思います。

引き出物の金額相場について

結婚式に参加してくれたゲストの皆さんに渡す引き出物の金額相場としては、5000円ということが最も多いです。

それは、一般的に披露宴の飲食の費用の3分の1を目安にして考えると言われているので、飲食代が15000円くらいになることが多いため、引き出物はこの金額が相場になります。その中でも、品物として4000円、引菓子として1000円と考えて選んでいくことが多いです。

近年ではカタログギフトのように、もらう人が好きなものを選べるようにした引き出物が人気です。それは、それぞれの好みに合わせられることや、持ち帰りに荷物にならないことなどが理由です。

引き出物とは

引き出物とは、結婚式に出席してくれた方たちへの手土産として新郎新婦側から渡す品物のことです。もともとは、平安時代の結婚式で客人が帰るときに馬を贈答した風習がはじまりだといわれています。

馬の手綱を引いて、客人たちに手渡したことから「引き出物」と呼ばれるようになったといわれています。内容としては、縁起を担いだ物から鰹節や昆布などの食材からブランド物の食器などがあります。

最近は、出席者が自由に選ぶことができるカタログ式の引き出物なども人気があります。金額は、新郎新婦との間柄の深さによって決まってきます。相場は3千円から1万円ぐらいになります。

意外と知らない引き出物に関するポイント

結婚式に出席したことがある方ならいただいたことがある引き出物ですが、この引き出物にもさまざまな決まり事があるため、自分が結婚式を執り行うときには招待客に喜ばれる引き出物選びが大事です。

まず、別れを連想させる刃物類や目上の人に贈ると失礼とされる肌着類はさけるのがポイントです。また、持って帰るときになるべく重たくならないものであることも重要なポイントになります。喜ばれる品物としては、食の好みに左右されにくいブランド米や個人の好みで選ぶことができるカタログギフトなどが人気です。新郎新婦の名前入りのものは使いづらいため避けた方がよいです。

結婚式で使用する引き出物の歴史

引き出物対しての歴史は古く、もともと招待客に対して馬の土産品を引きだして見せたことから、はじまっていると言われています。当時はお土産品と渡していましたので、全員に同じ品を渡していたと言われています。

引き出物は本来お返しの品として義務付けられていたわけではなく、祝われる側が感謝の気持ちを表すために用意したものと言われています。昨今においては新郎新婦によって送りわけなどをする様にはなっていますが、もともとの心は残っていて、結婚式に参列をしてくれたゲストに対して感謝のあかしとして渡すようになっています。

引き出物に関する記事

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社についてページを増やしていきます。

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社の記事以外のお問い合わせはこちら

温泉コンシェルジュ

マイクロスコープ

スクラバー

オリジナルTシャツの作成

引き出物

翻訳会社の中国語翻訳

ページトップへ戻る