個人的にではありますが厳選してお勧めの温泉を案内しています。

いろんな臭気に対応できるスクラバー

全国に物を製造している工場は実にたくさんありますが、工場によって出される臭気の種類は異なります。スクラバーは臭気の問題を解決してくれますが、幅広くいろんな臭気に対して対応することができるスクラバーが求められています。

時には塗装工場にスクラバーが設置される事もあれば、または飲食店などにスクラバーが設置される事もあります。業種を問う事なく対応できる非常に高性能なスクラバーが求められています。脱臭の手段というのはいろいろあり、洗浄を利用した方法や燃焼を利用した方法などがあります。

他にも生物を利用した物まであります。また、複数の方法を組み合わせて脱臭を行っている物もあります。

言い換えると臭気の種類や環境対応の度合いに応じてスクラバーの種類を選択し、導入することになります。当然、工場で利用するものと飲食店で利用するものはことなります。

まずは、スクラバーの製品リストから用途に応じてピックアップしてみてはどうでしょうか?

湿式スクラバーで有害ガス浄化

スクラバーには大きく分けると湿式と乾式があり、湿式スクラバーは化学物質を扱う工場などにおいて使用される酸性やアルカリ性の排出ガスを浄化するタイプの排ガス洗浄装置です。

装置の材質は主にステンレス材、もしくはFRP材が使用され、一般的には水溶性有機溶剤ガスの浄化にはステンレス材、臭気を発生させるガスの浄化には風量を大きくすることの可能なFRP材が用いられます。

スクラバーの導入は周辺環境への対策として必須であり、企業としての責務でもあります。環境保護の観点からも適切な排出ガス管理を行うことが重要です。

循環式スクラバーの利点と欠点

スクラバーは化学工場などに於いて発生する粉じんや臭気を除去し空気を浄化するために利用される脱臭装置で、吸着剤として水を利用していますが、その方式には充填式、流水式、循環式などが有ります。

特に循環式スクラバーは匂いを吸着させる水を循環させるため吸着スピードが速く、大量の空気を短時間で浄化できるため大型の工場などに利用されるものです。しかし、循環する水は徐々に吸着率が低下するため、その水自体をろ過し吸着性能を高める仕組みを用意しなければいけない点が大きな問題です。最近では金属によって濾過する方法や、気化させて不純物を取り出す方式などが有り、その方式により濾過効率が変わるので注意が必要です。

湿式スクラバーについての説明

スクラバーとは化学工場などの製造過程において発生した有害ガスから洗浄やろ過によって有害物質を取り除く装置の事を呼びます。スクラバーには乾式と湿式の二種類があります。湿式では水を多く含んだ洗浄液を使用し、この洗浄液で装置の中の湿度を上げることでガス中の有害物質を水の中に溶けさせることでガスの中から有害物質を取り除いています。

高濃度の酸性ガスからアルカリ性ガスにまで対応した商品もあります。ほとんどのものが商業用ですが、小型のものなら100万以下で購入することができます。今日では環境への配慮が高まっていて、とても重要な装置です。

スクラバーとドラフトチャンバーについて

スクラバーとは、有害物質や化学物質などを含んだ汚れた排気ガスをクリーンにして大気に放出するための装置です。主に三種類のもの、湿式、乾式、燃焼式があり、それらをまとめて排ガス洗浄装置と呼ばれます。特に湿式排ガス処理装置をスクラバーとよびます。

湿式および乾式の排ガス処理装置が実験や研究設備につかわれ、湿式は主に酸性、アルカリ性のガスに使われています。乾式は溶媒の処理で使われています。 ドラフトチャンバーとは、実験や研究をしていると必ずと言っていいほど人体に悪い有害物質が発生します。その物質から作業をしている人を守るためにあるのがドラフトチャンバーです。この名前は日本だけで通じ、世界ではヒュームフードと言います。

スクラバーと局所排気装置の違いについて

スクラバーに類似した装置として局所排気装置がありますが、この二つには次のような違いがあります。局所排気装置は、人が有害物質を吸い込まないように、発生源のところで有害物質を吸引する装置のことです。

一方スクラバーは、労働衛生法と特定化学物質障害防止規則で定められている硫化水素などの物質が、大気中に放出しないようにするため、水などに吸着させる装置です。またスクラバーには、高濃度の酸性ガスやアルカリ性ガスの薬液中和吸収や水洗浄が可能であるという特徴もあります。更に、ファンを内蔵したタイプの機種では、省スペースや低コストを実現しています。

いろいろあるスクラバー

たった一種類しかないという事はなく、実際のスクラバーにはいろんな種類があります。その理由についてですが、スクラバーは臭気を排出する事なく、空気をきれいにしてくれる機械です。その臭気というのは、いろんな種類の臭気があります。

主にスクラバーは工場に設置される事が多いですが、どんな系統の臭気かという事によって、適切なスクラバーの種類が選択される様です。適切ではないスクラバーを選んでしまった場合には、十分に効果を発揮しないという事も考えられますので、選び間違えてしまうという事がない様にしましょう。特に飲食店で使用される物については、適さない物もある様ですので、注意しましょう。

脱臭を行ってくれるスクラバー

辺りに嫌なニオイがする臭気が漂っている場合には、仕事に集中できない事もあります。臭気の対処に悩まされているという時には、スクラバーの出番ではないでしょうか。スクラバーは脱臭を行ってくれる優れものです。

スクラバーを置いで稼働させるだけで、社員にとって快適に仕事ができる事もあるでしょう。特にニオイを我慢するというレベルではなくて、健康に影響が出る事もあると思われますので、その様な場合にはスクラバーの設置というのは欠かせないでしょう。時としてスクラバーは社員の健康維持に関わる重要な機械となる事もあるでしょう。脱臭の必要があると思われる様には、すぐに対策にのりだしましょう。

あらゆる臭気に対応したスクラバー

優れたスクラバーであっても、この様な種類の臭いには適しているが、あの臭いには適していないなどという事もあったそうです。しかし、あらゆる臭気に対応した種晴らしいスクラバーというのもある様です。

特殊な製品を作っているなどという工場で適したスクラバーが見当たらないという場合にも、効果を発揮するのではないでしょうか。工場によってはスクラバーがないと仕事にならないという事もある様です。

工場内においてはたくさんの機械が活躍している事が多いので、スクラバーは主役ではなく、脇役として活躍している事が多いかと思われます。脇役であったとしても、必要不可欠の機械となっている事も多い様です。

循環式スクラバーはバイオデラザー。バイオデオライザーは、循環水浄化装置を搭載した地球環境にやさしく高性能なスクラバーです。株式会社アイエンス。

スクラバーに関する記事

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社についてページを増やしていきます。

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社の記事以外のお問い合わせはこちら

温泉コンシェルジュ

マイクロスコープ

スクラバー

オリジナルTシャツの作成

引き出物

翻訳会社の中国語翻訳

ページトップへ戻る