個人的にではありますが厳選してお勧めの温泉を案内しています。

スクラバーの用途を紹介

取り分けてスクラバーを中心に取り扱っている会社の中には、その用途について自社サイト内で紹介している事もあります。スクラバーの用途を紹介していれば、導入を真剣に考えている人が、確認しやすいと思います。

スクラバーの用途として紹介されているのと同業種の場合には、すぐに導入を決定する事ができるかと思います。しかし、スクラバーの用途として紹介されておらず、自社に対応しているのかどうかわからないという時には、問い合わせをするなどして確認する様にしたいですね。

スクラバーはいろんな用途に対応していますので、紹介されていなくても、問題なく導入できるかもしれませんね。問題なく利用できればいいですね。

ガスを回収するスクラバー

スクラバーは気体中に含まれる酸性ガス、例えば亜硫酸ガス、塩化水素等、やアルカリ性のアンモニア等を水に溶解させることによって気体中から除去することを目的として作られた装置です。

構造は円筒の内部に充填剤を詰め、上部から水などの液体を流し、下部からは気体を流すことによりスクラバーの内部で気体と液体を接触させ、液体に有害物質を回収するものです。

内部の充填剤は気液の接触面積を増やすために、充填剤と呼ばれる小さな陶器製のパイプ状のものが用いられています。陶器が好まれるのは、酸性にもアルカリ性にも耐性があり、安価であるからです。

湿式や乾式などの種類があるスクラバー

化学工場や薬品実験施設にはスクラバーという大型の装置が導入されています。このスクラバーはそれらの施設から排出された有害ガスを、元の無害なガスへと変換する機能があるのです。この装置があるおかげで、地球環境は現在の良好な状態を保つことができているとも言えます。

このスクラバーには湿式や乾式などの種類があり、それぞれの方法によって有害ガスを中和処理しています。例えば湿式型の装置では、まず装置内に有害ガスを取り込み、別口から水や中和剤を混ぜた洗浄液を投入します。その後、洗浄液によって中和されたガスが、外部へと放出されます。

スクラバー、洗浄装置について

排ガス洗浄装置とは、科学実験室、酸熱分解、科学工場などで発生する有毒ガスを吸着、水洗をしたり、薬液中和の処理をして大気中に放出する装置のことです。湿式スクラバーとは、実験、化学分析、化学工場、製造工程において、作業中に発生する有毒ガスを排風機というもので、集めて排ガス洗浄装置できれいに取り除き、大気中に放出する装置です。

小排気風量対応の小型スクラバーです。部屋のなかでも設置が可能なコンパクト設計なのでガス発生げん近くで、ガスの処理が可能です。乾式スクラバーとは、水に溶けない低濃度の有機溶剤、悪臭などを活性炭などの吸着剤で取り除き大気中に放出する装置です。

水槽のスクラバーは適量の穴が望ましい

多くの穴を付ければ、スクラバーの空気を送り込める機能は高まりますが、多すぎて泡が多く発生して、逆に生物の生活に影響が出ます。養殖場の水槽では影響が強くなれば、魚などが生活できなくなり、死滅する恐れもあります。

そこでスクラバーの穴を付ける場合、必要以上に多く付けられるものは避けるのです。適量だけ付けられていることが一番いい方法で、これで適切な泡を出します。酸素を与えるのはとても大事になりますが、多すぎるとあまり良くないので、適切な調整をするのです。

多くのスクラバーでは、この調整がしっかり行われて、最終的に問題のない程度に泡が出てきます。

有害ガスを除去させるスクラバーを詳しく知ろう

工業の分野において幅広く活用されている洗浄塔はスクラバーと呼ばれており、大気汚染の防止装置として知られています。細かい粒子や排出される有害ガスを除去させる事が目的とされています。

中でも、多く利用されている温式洗浄の仕組みを持つスクラバー装置は、水や化合物に対応する反応溶液などを用いて、水溶性の毒物や腐食性のガスなどを取り除くことが可能となります。

また、乾式洗浄のスクラバーとしては排水処理などを必要とせず、酸性ガスを除去する仕組みとなっており、ゴミ焼却炉などにも利用されています。様々な使い分けによって、目的や設置環境に応じた対応ができます。

スクラバーに関する記事

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社についてページを増やしていきます。

スクラバー、マイクロスコープ、引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館、翻訳会社の記事以外のお問い合わせはこちら

温泉コンシェルジュ

マイクロスコープ

スクラバー

オリジナルTシャツの作成

引き出物

翻訳会社の中国語翻訳

ページトップへ戻る